手相の見方!運命線の基本的な見方とは?

この記事は5分で読めます

手相の見方!運命線の基本的な見方とは?

運命線とは?


運命線は手首から中指の下まで伸びている線のことです。

(人によって長さや太さ、形は大きく違います)



運命線は、別名で「社会での活動を見る線」や「苦労線」「仕事線」などとも呼ばれています。

その理由は、運命線を見ることで「転職」「結婚」「出産」「スランプ」の時期や「向いている仕事」など人生における社会との関わり方を知ることができるからです。

そして、運命線は考え方や生き方(物事に対する姿勢)によって変化していく線でもあるので、自分自身の運命線を知ることで、不運な時期を防いだり、より理想的な運勢に変えていくことができます。


運命線の年齢の見方とは?


運命線の年齢(時期)は「流年法」というもので知ることができます。

流年法の見方としては、手首を起点として「1歳」、中指の付け根を「100歳」とします。

そして、感情線と運命線が交わるところを「55歳」

知能線と運命線が交わるところ「35歳」とします。



あとは、運命線が手首から中指の付け根まであると仮定して4等分した場所を、それぞれ「21歳」「30歳」「52歳」とします。



この流年法に線を当てはめることで何歳の時にどのようなことが起きるのかが分かるようになります。

スポンサーリンク



運命線の基本的な形状とは?


運命線には様々な形があります。

その中で基本的な形状についてご紹介させていただきます。


手首から中指にかけてまっすぐ線が伸びている運命線



手首から中指まで手の平の中央を通っている線は「天下筋」と呼ばれる出世しやすい線です。

自分の理想を追い求めてコツコツと努力を重ねて、才能を開花したり、出世したりなど自らの手で成功を手に入れるタイプです。

強い意志を持ち自分の力だけで問題を解決できる能力を持っています。

ただ、自我が強すぎるために周囲の意見が聞けない面もあります。

そして、特に女性の場合は、運勢や信念が強すぎて男性を負かしてしまうので、相手の男性が柔軟な考えを持っていないと付き合っていくことが難しいです。

(男性に頼らなくても生きていけるだけの強さを十分持っています)


手首から中央あたりで止まっている運命線



手首から中央あたりまで止まっている線は、止まっている流年(年齢)で行き詰まりを感じてしまうことを意味しています。

若い頃から情熱を持って取り組んでいた目標や気力を失ってしまうことを表しています。

あとは、悩みが深くて行動できなくなってしまうことを意味している場合もあります。

ただ、あらかじめ分かっていれば乗り越えやすくなるし、考え方や行動が変われば運命線自体が変化していきます。

(もし目標を見失っても、新しい目標が見つかれば新たに中央より線が出て充実した生活を送ることができます)


線が中央から始まって中指まで伸びている運命線



手の平の中央から伸びている運命線は、年齢を重ねてから仕事や目標などに対して活発に取り組めることを意味しています。

中年期から仕事などで劇的な飛躍を遂げる線なので大器晩成型となります。


小指側から伸びている運命線



小指から伸びている運命線を持っている人は、とても協調性があるタイプです。

人からの協力(援助)を得て開運したり、成功を手に入れたりすることができます。

人を楽しませることが好きで、芸能関係やサービス業、接客業などの仕事で才能を生かし活躍できます。

周囲から好かれるタイプなのですが、嫉妬などでトラブルが起きやすいので注意が必要です。


親指側から伸びている運命線




親指側から運命線が伸びている人は親族との繋がりが強いタイプです。

親族間で信頼されたり、関係性を深くすることで開運することができます。

「跡継ぎの相」とも言われていて、親や親せきから仕事や遺産、地位などを引き継ぐことで運気は上昇していきます。

ただ、親族の意見を聞きすぎて恋愛や結婚で問題を起こしやすい面もあります。

スポンサーリンク



中指と薬指の間に向かって伸びてる運命線



中指と薬指の間に向かって運命線が伸びている人は、好きなことを仕事にして才能を発揮できるタイプです。

周囲から好感を持たれる性格で、恵まれた才能を発揮させれば多くの人に支持されて活躍できます。

ただ、派手なことが好きだったり、お金にあまり執着しない傾向があるので余計な出費が増えやすいです。


人差し指と中指の間に向かって伸びている運命線



人差し指と中指の間に向かって運命線が伸びている人は、地位や名誉、権力を重視するタイプです。

仕事に対して、お金を稼ぐことよりも社会的地位を手に入れて人から認められ尊敬されることを望みます。

権力欲が高まると人の意見を聞かずに、一人で先走ってしまうことがあるので人と協力しながら物事に取り組む場合は注意が必要です。


複数ある運命線



運命線が平行して複数ある人は、線の数だけ目的を持って生きることができるタイプです。

(開運できる可能性が複数あります)

その期間の間、複数の仕事をしたり、多くの趣味を持ったりなど人生に複数の目的を持つことができます。

多くのことを抱えているので忙しいですが、本当にやりたいことは忙しくても活動的に取り組んだ方が運気が開けて物事が上手くいきやすいです。

ただ、時間や精神的に余裕がないことが多いので、目的以外はおろそかになりやすい面があります。

それと、もし運命線から2~3ミリ程度離れて短い線がある場合は「姉妹線」といって、ピンチをチャンスに変える幸運の持ち主となります。

姉妹線がある人は他にも、その時期に良い理解者やパートナーを得ることができることを意味している場合もあります。


線が切れ切れの運命線



線が細かく切れ切れの運命線は、変化が多い人生を意味しています。

変化していく時代と共に自分の生き方も変化させていきます。

切れ目のところが転機となっていて、様々な経験をすることができます。

生活が一定しないですが、刺激的で豊かな人生になります。

転機が多いということは、人生の分かれ道も多くなるので大変ではありますが、大きな成長をすることができます。

線が薄くて切れ切れの場合は・・・


まだ自分の目標ややりたい仕事が見つかっていない状態を意味しています。

「自分が何をやりたいのか?」ということが分からずに、人生を模索中の人の線になります。

焦る必要はないので時間をかけてゆっくりと自分が望んでいることを探した方が良いです。

スポンサーリンク



線が波打っている運命線



線が波打っているようにうねっている運命線は不安定な状態を表しています。

物事が思うようにいかないことを意味していて、悩みや苦労が多くなることを意味しているのです。

先の見えない不安定な線で頑張ってもなかなか報われない運命線です。

ただ、自分の考え方や行動が変われば手相は常に変化していくものです。

物事を前向きに考えて、自分がどのような人生を送りたいのかをよく考えて少しづつでも行動に移していってください。

考え方や行動を変えれば運気が開けていきますので。


短い線が手の平の中央にある運命線



短い運命線が手の平の中央にある人は、その流年(年齢)に大きな転機が訪れることを意味しています。

良くも悪くも人生を大きく左右するような急展開が起きることを表しているのです。

生活を変えてしまうような変化というものは、とても勇気のいることですが柔軟に変化を受け入れて人生をより良いものに変えていってください。


障害線がある運命線



運命線を横切る短い線のことを「障害線」と呼びます。

障害線は、その流年の時期に何か障害(問題)が起きることを意味しています。

何かのトラブルに巻き込まれたり、健康面で問題が起きるといったことを暗示しています。

障害線がある年齢の時期に注意することで防ぐことができますので、不安に感じていることがあれば早めに対処しておくようにしてください。


線上に島がある運命線



線の途中に目のようにふくらんだものを「島」と呼んでいます。

島は基本的に悪いことを意味しています。

運命線の線上に島がある場合は、その流年の時に苦労や悩みが多くなることを意味しています。

仕事でのミスやトラブルなどが多発したり、人間関係や金銭面などで大きな問題が発生するといったことを暗示しているのです。

ただ、島がある時期は一時的な期間です。

悪いことがずっと続くわけではないので、もし困難が訪れたとしても前向きな気持ちで乗り越えてください。

乗り越えた先に大きい成長が見込めるはずですので。


途中で切れている運命線



線が途中で切れている運命線は、線が無い流年の時期に運気が停滞することを意味しています。

女性の場合だと、仕事で目標を持って頑張っていた時に結婚や子育てによって一時的に仕事から離れている時期に運命線が途切れていることが多いです。

他にも、子育てを頑張っていた人が子供が自立した時期に運命線が途切れて、新しい目標ができる時期からまた運命線が続いていくこともあります。

あとは、一時的な休息であったり、充電期間の場合もあります。


運命線が始まる場所で運勢が分かる



運命線が始まる場所(起点)によって運勢が分かります。

A:強い意志を持っていて勇気を出して行動を起こすことによって成功することができる

B:親や兄弟、結婚相手、親せきなど親類の協力(援助)によって成功することができる

C:人に頼ることなく自らの力のみで成功することができる強い運命線

D:高いコミュニケーション能力を持ち、周囲の人からの協力によって成功できる

E:忍耐力があり、コツコツと努力を重ねることで成功できる


運命線の太さについて


運命線には太い人(濃い人)と薄い人がいます。

人によっては、運命線がほとんど無い人もいます。

運命線が太い人は強い信念を持っていて目標を達成するタイプで、女性の場合だと家庭より仕事を生きがいとして生きる傾向があります。

反対に運命線が薄かったり、無かったりする人は謙虚で人に尽くすタイプで、仕事より家庭を大切にする傾向があります。

あとは、薄かったり、無い人の場合は目標がまだ見つかっていなかったり、自信が持てないという面もあります。

ただ、運命線は濃ければ良いとか薄いことが悪いというわけではないです。

その人の考え方や生き方が反映されているだけなので、考え方や生き方(物事に対する姿勢)を変えることで運命線自体も変化していきます。


さいごに


運命線で分かることは、「生き方」や「人生の転機」などです。

ご自身の運命線を理解することで、未来に対して準備をして運を切り開くことができます。

(望み通りの線でない場合は、運勢を変えていくことができます)

運命線の知識を活かして、人生をより良いものにしていってください。


関連記事

このブログについて

Mädchen auf Dach liegend unter wunderschönem Sternenhimmel / h

占いの館「黒猫館」のイサです。

このブログは様々な占いの意味について書いてあります。
あなたが見た夢の暗示や手相での本当の意味を知ることによってあなたを危険から回避したり、より豊かで幸せな人生へと導く為のものです。

人気ブログランキング


占い・鑑定 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
あなたがポチッとボタンを押してくれるおかげで、より多くの人に「夢占い」ついて知っていただけます。