手相とは?手相が当たる理由とは?

この記事は3分で読めます

手相とは?手相が当たる理由とは?

手相っていったい何?どうして当たるの?



日本で暮らしていて「手相(てそう)」と聞いて何のことかまったく知らない人はほとんどいないと思います。

多くの人は手に刻まれたシワ(線)を見ることで、様々な運命を知ることができることを手相だということは知っています。

でも、「どうして当たるのか?」ということを理解している人はあまり多くはないです。


手相が当たる理由は「統計学」だからです。


紀元前から、学者や王の命令などによって「こういう手相の人は、こういう運命をたどる人が多い」ということを研究してきました。

様々な国で「長生きした人の手相」や「成功した人の手相」などあらゆるデータを蓄積して、分析、分類、確認することによって正確性を高めてきたのです。

これまでの長い歴史での膨大な研究データによって、導き出された成果によってできた、手の相による統計学が手相となっています。

手相は占いではありますが、スピリチュアルなものとは違い統計学による鑑定のようなものなのです。

膨大なデータに基づいて確立された統計学なので、手相で占ったことはよく当たるのです。


手相の歴史とは?




手相の始まりは「古代インド」と言われています。

(最古のものはインドに住んでいたアーリア人が作った書物とされています)

そして、仏教と共に中国や朝鮮半島に渡って研究されたものが「東洋手相」です。

シルクロードから中東を経て、西欧(ヨーロッパ)に渡って研究されたものが「西洋手相」となっています。

(西洋手相はギリシャで基礎が作られたと言われています)



東洋手相と西洋手相では経緯や研究課程が違い、読み取り方も違うのに基本的な部分はよく似ています。

同じ起源を持ち、それぞれ違う研究方法で進められたのに長い歴史の中で統計的に似た結果を導き出したことになります。

そういった意味でも、研究方法や文化が違っていても辿り着くもの(手相というもの)は同じなのだということを証明しています。

それと、歴史の古さで言えば、手相として研究され始めたのは約4~5千年前だと言われています。

ただ、一万年以上前の遺跡(アルタミラ洞窟の壁画)にも、手相による記述が残されているので手相による関心はさらに昔からあったのでしょう。

あとは、古代ギリシャの哲学者「アリストテレス」や「ピタゴラス」も手相を学んでいたというお話があります。

日本の場合では、飛鳥時代に易学と共に手相が伝わりました。

日本で本格的に手相が研究されるようになったのは江戸時代で、その頃は東洋手相を主に研究していました。

その後、西洋手相が日本にも伝わり、分かりやすさや正確性が証明されて、東洋手相から西洋手相に徐々に移行され現在の形となっています。

スポンサーリンク



手相で何が分かるの?


手相でわかることは主に「性格」「将来」「適正」です。

①「性格」


感情線と知能線などによって自分自身の性格が分かります。

面倒見が良い、独占欲が強い、責任感が強いといったものが手相によって分かるようになります。

自分の性格は分かっているようで案外知らないことも多いです。

本来の自分の性格を知ることによって、人付き合いや物事に対する取り組み方を良いものに変えていくことができます。


②「将来」


運命線や感情線、結婚線、財運線などによって様々な将来(運命)が分かります。

(実際には現在、過去、未来を知ることができるのですが主に占うのは未来になります)

出会いや結婚の時期、就職や転職の時期などを知ることができます。


③「適正」


頭脳線や運命線によって、向いている仕事や得意分野を知ることができます。

あとは独立した方が成功する相や出世しやすい相といったものも手相によって分かります。


性格、恋愛、才能(適正)、健康、金運、時期など様々なことが手相によって分かるようになっています。

手相を知ることによって、客観的に物事を考えて、より良い選択ができるよになります。

手相で大事なことは「自分を知り活かすこと」です。


手相は変わるってホント?




手相が変わるというのは本当のことです。

変化が早い人だと3ヶ月程度で変化していきます。

線そのものが変わることがあるし、増えたり消えたりもします。

(実際は、毎日少しづつ濃く太くなったり、薄く細くなっていったりしています)

手相が変わる理由は、その人の「考え方」や「行動」が変わると生き方自体に変化があらわれるので、手の相にも変化があらわれてくるのです。

生き方を変えることができれば、手相自体が変わり、手相が示す内容も変化していくのです。


手相は手の平の線を見るためだけのものではない?


手相は手の平にある線を見るためだけのものではないです。

・手の形

・手の大きさ(厚さ)

・しわの量

・手のツヤ

・手の色

・指の開き方

・指の長さ

・指先の形

・爪の形

・・・といった様々な手の状態によっても、その人のことを知ることができます。


手の平の丘とは?


手の平には「丘(きゅう)」と呼ばれるものがあります。


手の平のふくらんだ所や付け根などに九か所あります。

それぞれに「木星丘」「土星丘」「太陽丘」「水星丘」「第一火星丘」「第二火星丘」「金星丘」「月丘」「地丘(冥王星国)」となっています。

そして、その他に手の平の真ん中に平原の「火星平原」という場所があります。

この丘では、色艶やふくらみ(発達)などを見ることによって、性格や適性などを知ることができます。

あとは、ツヤやふくらみ以外にも、線がどの丘から始まっているのか、どの丘まで伸びているのかを見ることによってさらに手相の理解を深めることができます。


さいごに


手相は人によって違います。

そして、手相は日々変化していくものです。

人の考え方も生き方もそれぞれ違います。

手相と同じように日々変化していきます。

多くの人は、不安や期待を込めて手相を見ます。

手相を見ることによって、あなたの考え方や生き方が前向きな良い方向へと向かっていくことを願っています。


関連記事

このブログについて

Mädchen auf Dach liegend unter wunderschönem Sternenhimmel / h

占いの館「黒猫館」のイサです。

このブログは様々な占いの意味について書いてあります。
あなたが見た夢の暗示や手相での本当の意味を知ることによってあなたを危険から回避したり、より豊かで幸せな人生へと導く為のものです。

人気ブログランキング


占い・鑑定 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
あなたがポチッとボタンを押してくれるおかげで、より多くの人に「夢占い」ついて知っていただけます。